ロンメル1942-Refrain at the battle for North Africa-|サイフォンが放つ一人プレイ型タブレットウォーゲーム
ロンメル1942-Refrain at the battle for North Africa- ソロアプ‐solo app‐

ロンメル1942‐Refrain at the battle for North Africa‐

ロンメル1942‐Refrain at the battle for North Africa‐
( ゲームデザイン:谷村勝一郎 )
※画像は開発中のものです。製品版では改善の為、修正される場合があります。


ロンメル1942ってどんなゲーム?

 ソロアプ第三弾として登場する「ロンメル1942‐Refrain at the battle for North Africa‐」は、一人プレイに特化したシステム設計としています。ゲームデザイナーは谷村勝一郎。

 舞台は1942年の北アフリカ戦線。この前年、イギリス軍の反撃により窮地に陥ったイタリア軍を助ける為、ドイツ軍が派遣されます。その将軍がドイツの名将エルヴィン・ロンメルです。プレイヤーはこのロンメルとなり、ドイツアフリカ軍団を率いて連合軍と戦います。
 プレイヤーはステージと呼ばれる戦場(シナリオ)を転戦しますが、その合間に受け取ったポイントで消耗した部隊を補充します。この補充ポイントと次へ進むステージ内容は、プレイ結果に影響を受けます。こうして1942年中にエジプトの制圧を目指す事となります。

ロンメル1942‐Refrain at the battle for North Africa‐

英仏連合軍の反撃開始!ゲーム開始はクルセイダー作戦

 北アフリカへ渡ってきたロンメル率いるドイツアフリカ軍団は、瞬く間に連合軍に奪われたキレナイカ地方を奪還し、エジプトとの国境付近まで進撃しました。この事態に連合軍側は散発的に反撃しますが全て失敗。そこで大規模反攻作戦「クルセイダー作戦」を開始します。プレイヤーはまずこのステージを戦い、次のステージを目指して下さい。

戦果を確認しつつ消耗部隊を補充!ネクストステージへ

 ステージ終了後は結果判定へ移ります。そこでは判定と共に、どの様な戦いであったのかをプレイビュー画面で確認ができます。その後、消耗した部隊を補充して次のステージに備えます。次のステージとなる戦場や敵の布陣は、前のステージの結果が影響するので、繰り返し遊んだ場合も、前回と同じシチュエーションであるとは限りません。

ロンメル1942‐Refrain at the battle for North Africa‐

目指せエジプト!イギリス第8軍を崩壊させよ

 プレイヤーの最終的な目的は、1942年中にエジプトの要所エルアラメインを攻略して、イギリス第8軍を崩壊させる事です。なお今後の予定として、【クルセイダー作戦】【ガザラの戦い】【エルアラメインの戦い】の単独シナリオ追加をアップデートで対応予定!こちらの単独シナリオでは「こまあぷ」同様、枢軸軍、連合軍どちらでも対戦可能です。

ロンメル1942‐Refrain at the battle for North Africa‐

ゲームのシステム

 ゲームは次の手順で進めます。ゲーム中は、勝利条件を満たすまで、この手順を繰り返し、勝利条件を満たした時点で終了します。

【ゲームの手順】
ロンメル1942‐Refrain at the battle for North Africa‐

 また手番の決定時に振ったダイスが同じ目の場合、イベントが発生します。

ロンメル1942‐Refrain at the battle for North Africa‐

【勝利条件】
- 準備中 -


【イベント一覧】
- 準備中 -


北アフリカの戦いって何?

ロンメル1942‐Refrain at the battle for North Africa‐

序章:ムッソリーニが夢見たエジプト制圧-1940年-

 1939年にドイツ軍とソ連軍がポーランドへ侵攻し、第二次世界大戦が勃発。翌1940年はドイツ軍とイタリア軍がフランスへ侵攻してフランス政権を打倒、後継のヴィシー政権はドイツに追従する。この後、ドイツ軍がソビエト侵攻計画を着々と進めていく中、イタリア軍はイギリス領エジプトへ侵攻した。しかし撃退されただけでなく、逆に東キレナイカと呼ばれるリビア東部を奪取され、窮地に陥る。

転機:ドイツの名将ロンメルが登場-1941年-

 こうした事態に、ソ連侵攻の準備を進めていたヒトラーは、僅かながらもその侵攻戦力の一部を割き、盟友ムッソリーニの支援を決定した。そして対フランス戦でも活躍した名将ロンメルが、この任に抜擢される。北アフリカへ渡ったロンメルは、全ての戦力が到着するのを待つ事なく反撃を開始。イギリス軍に奪われたキレナイカ地方の大半を奪還し、散発的なイギリス軍の攻撃を退けた。

進退:ロンメルの活躍により第二戦線化-1942年-

 ドイツ軍にとってロンメルの戦果報告は予想外だった。そこでヒトラーはエジプト侵攻を念頭に、更なる支援を決定。対するイギリス軍も、エジプトに陣取るイギリス第6軍に増援する事で、北アフリカ戦線は極地戦から、次第に第二戦線化していく事となる。こうしてクルセイダー作戦、ガザラの戦い、エルアラメインの戦いと、両軍が進撃・後退を繰り返す激戦が繰り広げられていった。

終焉:アメリカ軍の登場とロンメルの退場-1943年-

 1943年に入るとロンメルは体調を崩し、療養の為に本国へ戻った。この隙を突いてイギリス軍が反撃を開始、アメリカ軍も西方から進撃してきた。西方というのは、親ドイツのヴィシー政権下の植民地だが、現地軍がアメリカ軍へ降伏していったので、楽に進撃できたのである。こうした事態にドイツ軍はチュニジアまで後退。奮闘するものの最後は連合軍へ降伏し、戦線は地中海を超えてイタリアへ移っていく。

更新履歴

(-現在開発中-)